スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


血液型は性格に関係ないけど関係あるのさ
中京ネット出願終わりました☆

後は9日に書類を速達で送るだけ。
忘れないように・・・!



何度も言うけど
センターミスってたら中京すら受からない。
つまり浪人。

つくづくこの仕組みをうらむよ(´△`


やっぱ学びたい人が学べるようにならないとね。
ヨーロッパの方を見習おうぜ。
スウェーデンの税制とかフランスの大学の制度とか・・・




さて、
血液型の話~


あいつはA型だからさ~

とか言いますよね。
僕も言います。

でもA型=几帳面 B型=自己中 というわけではないのです。


先日テレビでもやってましたが
"医学的"には血液型と性格は関係ありません。
そもそもABO式の血液型というのは赤血球で分類されてるわけです。
赤血球によって性格が変わるなんて・・・ねえ?

血液型の分類方法は分かっているだけでもおよそ300種類あります。
Rh式血液型 40種以上 日本人の80%はRh+
HLA型 数万通り以上 特に血縁関係でもない限り人間同士でHLA型が完全に一致することは極めて稀。
Duffy式血液型
Kidd式血液型
Diego式血液型
Kell式血液型
Lewis式血液型 (wiki)
など・・・

故にABO式血液型を判断したところで性格が分かるとは思えないし
血液が性格を決めるってのもおかしな話ではないでしょうか。

性格≒気質は脳内のモノアミン酸化酵素に影響されるのだが
それと血液の関係性は全くないとされている。

大体、人口の4割はA型、3割はO型なんで・・・




で、
血液型の本とか出てますよね。
能見正比古という人が一般向けの本を出し(血液型でわかる相性)
日本国内に広まったそうです。

まぁこの本は統計学的には全く成り立たない代物であったり
後々の物も前提となるデータ自体が、意味のある統計とは呼べない、少人数を相手にしたものであったり、極端に被験者の性質が偏っていたり、単なる局地的アンケート調査であったり、すでに血液型の類型の概念がひどく刷り込まれた人で、なおかつ設問が(バイアスが入り込みやすい)不適切なものであったりするのだが・・・



その血液型の本なりを通じて
血液型の概念を
スポンサーサイト


03/08. 03:09 [ 日記 ] CM0. TB0 . TOP ▲
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://ylcuohmvoeeco.blog87.fc2.com/tb.php/504-d2d68a71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。